網野って名字なのであだ名はトリプトファンでした

あだ名の由来、というのは案外単純なことが多い。小学生や中学生ぐらいについたものだと、尚更だ。

本人の外見・身体的特徴や癖、特徴的なエピソード、呼び方の変化、口癖などなど…ひょんなことからついたあだ名が定着して、そのうちそのきっかけを忘れてしまう、ということも多いだろう。

中でも変わった名前や特徴的な名前は、その時々の話題に容易に結びつき、転じてあだ名にされやすい。

私の記憶を思い返してみても、オウム事件の時に『ショウコ』という名前の女の子がからかわれたとか(今の子は果たしてこの一文の意味が分かるのだろうか)、『エンドウ』という名字の子は『豆』と呼ばれていたとか、まあ子どもというのは単純なこじつけが好きだ。それだけ言葉に敏感ということなのだろうが、マスメディアにしろ授業で習ったにせよ、気になったフレーズは反復せずにはおれない。

名前が変わっているばかりに学校でからかわれ、嫌な思いをした、という人も少なくないだろう。

今、アミノ酸が注目を集めている。一方でもしかしたら『網野さん』という名前の子が、

『網野さん=アミノ酸=トリプトファン』

と呼ばれていることもあるかもしれない。あだ名は悪いことではないが、人が嫌がる呼び名をつけることは避けたいものである。